BiBi mama's Diary

愛犬「BiBi」のいる生活を日記にします。

台風一過

昨夜、最終的には「命を守るための最善の行動」が必要だという「警戒レベル5」が発令されました。テレビのニュースや息子の友人からの連絡で、堤防の決壊や越水や溢水も報告され、大勢の方が避難所に非難されているようです。

我家への影響は大きくなく、外に出て避難する方が危険だと判断し、停電に備えながら横になりました。夜半まで雨風が強くなる瞬間もありましたが、明け方には風雨の音も止み、ついウトウトと・・・

今朝起きて家の周りを確認してみましたが、幸いなことに全くと言っていいほど、台風の影響はありませんでした。ネットやテレビで確認すると、大きな被害が報告されています。ヘリコプターの音も絶えず聞こえて来ます。

f:id:BiBi_mama:20191013161505j:plain

買い物帰りに様子を見に行って来ました。水が引いたとはいえ、大きな被害が見えます。

f:id:BiBi_mama:20191013161632j:plain

f:id:BiBi_mama:20191013161650j:plain

堤防の淵まで水が来ていたことがわかり、災害の大きさにビックリ。知り合いに連絡したり、被害の状況を確認しました。

まだまだ避難勧告が出ている地域もあり、心配な部分もありますが、ひとまず通常の生活を取り戻すようにしていきたいと思います。

 

警戒レベル4

レベル4というと避難指示レベルだそうです。

f:id:BiBi_mama:20191012214450j:plain

大きな川の堤防が決壊したわけではないようですが、市内の小さな川が増水して道路が冠水したようです。一応避難準備は済んでいますが、近くの避難場所までの道路や避難場所の状況もわからず、家で情報収集しつつ、待機しているような状況です。
雨風はそれほど激しくはなく、周囲の家を含めて停電等の影響も、今のところありません。

今、大きな川の氾濫がニュースで流れました。その付近の地区はレベル5だそうです。まだまだこれから川の増水も考えられるということなので、もうしばらくは様子を見ながら警戒していなければいけないかもしれません。

眠れない夜が続きそうです。

 

ペニーレインの「ブルーベリーブレッド」

先日、今年の「パンのフェス」のニュースがありました。

今年もペニーレインのパンは大人気のようで。もともとペニーレインの「ブルーベリーブレッド」は昔のテレビ番組で第一位に選ばれ、超有名になったんだとか。

実は2年ほど前に行って来たんですよ。ペニーレインに。

ネットで調べてみると、ペニーレイン5店舗のうち那須店が本店みたいな感じだったので早起きして向かいました。自宅からペニーレイン那須店までは車で約3時間半。高崎から北関東自動車道を通り、東北自動車道那須インターで降ります。そこからどんどん森の中の道をナビの言う通りに進みます。「こんな山の中に有名なお店があるの?」って思っていると・・・ありました。ペニーレイン。

f:id:BiBi_mama:20191006103912j:plain

外観は落ち着きのあるアンティークな外国風の建物です。

ビートルズ好きな店のオーナーがビートルズの曲のタイトルからお店の名前をつけたんだそうです。店の中はもちろんパン屋さんなのでパンがいっぱい並んでいますが、ビートルズ関連のグッズも売られています。

お店の横にあるイラストはビートルズのアルバム「アビーロード」のジャケット写真が再現されています。 

f:id:BiBi_mama:20191006104009j:plain

兄です。

埋め込まれているフォルクスワーゲンのナンバープレートは「28IF」

f:id:BiBi_mama:20191006104056j:plain

弟です。

ポール・マッカートニーは裸足なのは有名な話らしいですね。フォルクスワーゲンのナンバープレートも。これらによってポール・マッカートニー死亡説が流れたんだとか。

那須店は、パン売り場だけでなく、宿泊施設もレストランもあります。後で知ったんですが、ドッグランも併設しているそうです。

その後、鶴田店には2回ほど行きました。こちらのお店の方が街中にあるので行きやすいかな?自宅からは1時間ほど近いですし。

 

前説が長くなりましたが・・・

 

久しぶりにペニーレインの「ブルーベリーブレッド」が食べたいと言う話が盛り上がり「いつ行く?」と言う話になったんですが、時間も取れないし、やっぱり遠いし・・・と言うことで「ネットで頼もう!」と言うことになりました。

頼んだのは、一番人気の「ブルーベリーブレッド」と、私の一番大好きな「天津甘栗ロール」、そして、これまた美味しい「大納言ロール」、ついでに、父のリクエストで「クルミ100」です。

f:id:BiBi_mama:20191006115905j:plain

ブルーベリーブレッドの関係で10月1日に配送されました。ダンボール2個分の配送で、お土産が付いていました。

f:id:BiBi_mama:20191006120155j:plain

お土産は「那須あんぱん」と「抹茶スコーン」でした。これも美味しかったです。

 

食べ放題家族

行ってみましたよ。かっぱ寿司の「食べホー」

 

お兄ちゃん(長男)が一週間くらい前に「食べて来た。すごかったよ」という報告をくれて、それじゃウチも!ということで父と息子(次男)と、なんとか予定を調整して(平日しかやってないんですよ「食べホー」)予約を取りました。

「食べホー」には「レギュラー」「スペシャル」「プレミアム」と3つのコースがあります。兄の情報から、大人男性1980円、女性1880円の「スペシャル」コースにしました。制限時間は60分。タッチパネルは食べホー専用になるので、タッチパネルから選べるお寿司なら料金内で楽しめます。

息子がタッチパネルで次々に注文します。続々と新幹線レール(上下2段になってました)でお寿司が届きます。食べホーにはドリンクバーも付いているんですが、ドリンクバーの飲み物を飲む暇もなく食べ続けます。

定番の一皿100円のお寿司の他に「軟骨の唐揚げ(100円)」「貝の塩ラーメン(300円)」「とり唐揚げ(200円)」を頼みました。

それにも増して驚きだったのは、期間限定の「いばら蟹とイクラのつかみ寿司(300円)」「ぼたん海老とイクラのつかみ寿司(300円)」もスペシャルコースで頼めたことです。兄が食べた店では、これらの限定ものは頼めなかったそうで、ラッキーでした。

その他、デザートもなかなかの品揃えです。「リッチなベイクドチーズケーキ(200円)」「しっとり贅沢チョコレートケーキ(200円)」「プレミアムホイッププリン(200円)」「バニラアイス(100円)」を頼みましたが、「プレミアムホイッププリン」と「バニラアイス」を一緒に食べたのが超美味しかったです。

 

f:id:BiBi_mama:20190929110414j:plain

「食べホー」もほとんど終了の絵です。

 

数えてみると、お寿司の丸皿は50皿。300円つかみ寿司が7皿。サイドメニューやデザートが15皿。ドリンクバーも付いています。単純計算ですが、普通に注文すれば、全部で10000円以上にはなるようです。一人当たり、3000円を超えたくらいですかね。スペシャルコースが男性1980円、女性1880円ですから、ずいぶんお得に楽しめた寿司ディナーでした。

 

旬の味「シャインマスカット」

小布施に「モンブラン朱雀」を食べにいった散策中に売っていたので、息子へのお土産も兼ねて購入しました。

f:id:BiBi_mama:20190928131452j:plain

これで、500円でした。

上品な甘さで、大変美味しくいただきました。

 

秋の三連休 〜 小布施の「モンブラン朱雀」〜

三連休最終日。

各地での台風被害のニュースに心を痛めながらも父がお休みだったので小布施に行って来ました。小布施と言えば「栗」。お目当ては、9月21日放送の「嵐にしやがれ」で紹介されていた、究極のモンブランモンブラン朱雀」です。

小布施堂本店のモンブラン「朱雀」には2種類あって「モンブラン朱雀」の他に「栗の点心 朱雀」というのがあって、こっちは新栗の裏ごししたものを、砂糖も何も加えずに、栗あんの上に盛り付けたもので「栗そのものの味」というのがウリなんだそうです。新栗なので、9月初旬くらいの新栗が採れるようになってから約1ヶ月の期間限定です。

対して「モンブラン朱雀」は「朱雀」を洋風にアレンジしたもので、クラッシュナッツの入ったセミフレッドのアイスに、二種のクリームと栗鹿ノ子を重ねて、栗あんを贅沢にのせた、という説明があります。こちらは専門店「えんとつ」というお店で通年提供されています。 

  朱雀 | 栗菓子の小布施堂|信州 長野 小布施

  https://obusedo.com/suzaku/

 小布施に着いたのは8時くらいでした。整理券をもらうために並びます。すでに大勢が並んでいます。300人から400人くらいだと思います。こんなに並ぶのなら、今日は諦めようかと思いましたが、この列は「朱雀」の方。「朱雀」は期間限定なので、早い人は真夜中の2時とか3時くらいから並ぶそうです。

お目当ての「モンブラン朱雀」の整理券は別の列。30人くらいが並んで整理券配布が始まっていました。

f:id:BiBi_mama:20190923152714j:plain

10時の予約が取れました。この時に料金も前払いです。一人1600円、二人分で3200円の支払いです。

f:id:BiBi_mama:20190923152827j:plain

時間まで、一旦小布施を離れ近くのドラッグストアに買い物に。予約の10時に間に合うように再び小布施に向かい、町営の駐車場に車を入れます。

f:id:BiBi_mama:20190923153350j:plain

町営の駐車場からはちょっと歩きます。

f:id:BiBi_mama:20190923153630j:plain

f:id:BiBi_mama:20190923154759j:plain

f:id:BiBi_mama:20190923153859j:plain

カフェ「えんとつ」は、小布施堂の蔵を改装して作られたものらしいです。看板は今風ですが、建物の風格は歴史を感じます。

10時をちょっと過ぎて、順番で呼ばれました。店内に入るとまず最初に飲み物をチョイスします。二人揃って「朱雀ブレンド」をチョイス。

f:id:BiBi_mama:20190923155201j:plain

そしてお目当ての「モンブラン朱雀」

f:id:BiBi_mama:20190923155330j:plain

f:id:BiBi_mama:20190923155409j:plain

f:id:BiBi_mama:20190923155452j:plain

お皿の中央に「モンブラン朱雀」、季節の果物としてシャインマスカットと梨、カシスソース、チョコソースが添えられています。

f:id:BiBi_mama:20190923160019j:plain

(父の食べかけですいません)

この「モンブラン朱雀」のマロンペーストは甘さ控えめで、栗の風味が楽しめます。なかなか食べごたえがあります。マロンペーストの下のナッツの入ったアイスクリームもちょうどいいバランスで、中には栗が入っています。お皿にあるカシスソースやチョコソースを付けて食べると、味わいが変わり、これまた良い感じです。

「朱雀ブレンド」も美味しく、数年来のミッションコンプリートになりました。

 

ごちそうさまでした。